みたものの記録

生で何かを観たり聴いたりすることが好きです。劇団四季、ミュージカル、宝塚歌劇団、歌舞伎、オペラ、舞台、お笑いライブ、コンサート、スポーツ観戦などの感想を、書いたり書かなかったり。3回に1回は書いているかも。

シルク・ドゥ・ソレイユ「トーテム」の感想


先日、お台場ビックトップにてTOTEM(トーテム)を観てきました。

f:id:kly314:20160716184148j:image

といっても東京公演も終わりに差し掛かった頃でしたので、だいぶ前の話です。

私にとっては初めての Cirque du Soleil の公演。
せっかくですので、遡って鑑賞した感想を書き留めておきたいと思います。



平日昼間の独り鑑賞

私が観に行ったのは、平日の昼間の公演でした。

f:id:kly314:20160716184102j:image

歌舞伎はいつもあ1人で観に行っていることもあり、1人鑑賞なんて怖いものなし。
と思っていました。

ですが、いざ行ってみるとカップルの多いこと!!笑
平日の昼間だからなのか、大学生くらいの若い方が多かったです。
さらには、この日は中学生(高校生?)の団体も。

そういうこともあり、1人のお客さんは少なかったような気がします。



開場

テントの中に入ると、DAIHATSU の 車がありました。

f:id:kly314:20160716185136j:image

ここでは TOTEM のグッズや、公演中に飲食できるものが販売されていました。
私も飲み物とチュリトス、お土産を購入。

フォトブースもありましたが、私は1人なのでスルーです。
トーテムカメラといって、トーテムのキャラクターになりきれるそうです。

そしてその日の演目を書いたボードを発見。

f:id:kly314:20160716185733j:image

予習をしてこなかった私は、演目名だけ見てもなんのことやら、という感じ。
ですが気持ちは高まってきます!!



開演!の前に・・

キャストの方数人が、開演何分か前に客席にきてくださり、絡んできてくれます。
通路脇の席だとお得かも。
私は通路の後ろ(10列目かな?)だったので、近くにキャストの方を感じることができました。

そしてなんとこの日、ニッチェのお2人も何かの番組の撮影でいらっしゃっていました。
びっくり。
A席両脇にいる学生に手を振ったりと、サービスされていました。



いざ開演!

ついに始まりました。

1番最初は、亀の甲羅の形に鉄棒を張りめぐらせたところを、カエルがくるくる回ったりします。
TOTEM のメインになっているキャラクターです。

そこからどんどん色々な演目に入っていきます。
フープを何個も持って自由自在に操る人、宙につられながら力を見せつけて美女の取り合いをする人、一輪車にのりながら脚でお皿を交わしあう人、物凄い身体の柔らかい人などなど。

なにがすごいって、目に入るもの全てが凄いです。
パフォーマンスの完成度の素晴らしさはもちろん、言葉を使わずに身体と表情で観客に訴える感じに魅了されます。

それを引き立てる映像技術や舞台の装置もまた、すごいです。



終演

終演後は予定があったのと、電車が混むと面倒なのとで、駅に直行。
予想に反して電車は一切混まず、そっか、カップルはこのあと帰らずお台場デートか、と思いながら帰って行きました。笑

f:id:kly314:20160716195213j:image

帰りのゆりかもめでは、最後列の特等席に座りながら帰って行きました。

f:id:kly314:20160716195114j:image



残念だったこと

唯一残念だったのが、一部が始まってまだまだこれからのとき、舞台装置の故障が起きてしまったこと。
20分は公演が止まってしまったかな?

そのこともあり、おそらくハンド・バランシングは中止となってしまいました。
残念。
しようがないことではありますが、私はリピーターではないので、ただただ観れないのがショックでした。

ただ、キャストさんの安全が第一ですからね!


あとは会場内で写真撮影していた観客がいたこと。
撮っていたのはステージではなくニッチェのお2人のことでしたが、会場内撮影禁止と書いてあるのに・・。



まとめ

初めての Cirque du Soleil の公演は素晴らしかった!!
勘九郎さんがサポーターをしていることもあって観に行ったのですが、純粋に楽しめました。

来年も是非行きたいです。
そしてそのときは誰かを誘って観に行き、感動を共有したいと思いました。笑