みたものの記録

生で何かを観たり聴いたりすることが好きです。劇団四季、ミュージカル、宝塚歌劇団、歌舞伎、オペラ、舞台、お笑いライブ、コンサート、スポーツ観戦などの感想を、書いたり書かなかったり。3回に1回は書いているかも。

劇団四季「リトルマーメイド」の感想

 

四季劇場[夏]にて行われている、劇団四季の「リトルマーメイド」を観に行きました。

 
f:id:kly314:20160919210743j:image

 

今回のキャストはこちら。

 
f:id:kly314:20160919210957j:image

 

上演時間は約2時間40分(休憩含む)だそうです。

 

人生2回目のリトルマーメイド!

セバスチャン役の方だけ、前回と一緒の方だったと思います。

 

何回観てもわくわくがあります!

 

アリエル役の方は、前回の方よりも気が強くて我が儘な末っ子ちゃん、という感じ。

演じる方によって印象がこんなに変わるのですね! 

 

エリックも相変わらずかっこいい~

「いざ行けー!荒波の向こうー♪」の海兵さんとの歌がとっても好きです。

わくわくします。

 

あとアリエルの姉妹達も大好き。

歌い方だけであんなにキャラを出すのって、とても凄いですよね!

一番最初のセバスチャンが指揮をしての自己紹介の曲も、フランダーとのアリエルの噂話の曲も好きです。

 

セバスチャンのアンダー・ザ・シーや、スカットル?のマエムキニも、聞いてる方が明るくなる!!

全体的に明るい曲が多くて元気になれます。

 

キス・ザ・ガールも良い!

あの焦らし感がなんともいえないですよね~

 

気になったのですが、男性アンサンブルの方って海兵もやって、料理人もやっているのでしょうか?

女性アンサンブルは姉妹とメイドさんと歌のコンテスト参加者?

人数的に考えると、どちらもやっている感じですよね!

すごいな~

いつももっとキャストさんいると思って、キャスト表見て少な!と思います。

 

そう!

シェフの歌も面白くて良いですよねー!

テーブルの中がどうなっているのか、是非とも覗いてみたいです。

 

そして疑問。

アースラはタコなのでしょうか?

でもトリトンの姉、アリエルの叔母なのだから人魚?

謎!!

 

来年の4月で千秋楽ということで、あと1回見に行けるか、これが最後か・・

という感じですね~

 

 

宙組公演「エリザベート」の感想

 

東京宝塚劇場にて行われている、宝塚歌劇団 宙組公演「エリザベート」を観てきました。


f:id:kly314:20160729145930j:image

 

待ちに待った初宝塚!!

ずーっと行きたかったのですが、抽選ははずれ、先着は繋がらず・・

ですが今回奇跡的に当選。

 

今年、エリザベート日本初演20周年なのだそうですね~。

そんな年に、帝国劇場でも東京宝塚劇場でもエリザベートを観ることができ、嬉しい限りです。

 

楽しみすぎて2週間くらい前からそわそわしていました。笑

 

 

開場

30分前に開場。


f:id:kly314:20160922235926j:image

 

左下にピアノが見えると思うのですが、劇中の曲が全自動で流れています。

しかも鍵盤まで動いて!!

これに気持ちが高まってしまい、ついつい口ずさんでしまいます。笑

 

今回のお席は1階席の後方やや上手側。


f:id:kly314:20160923000649j:image

 

思ったよりも舞台と会場は小さめ。

大階段のイメージがあったので、もっと大きいと思っていました。

あれは兵庫のほうだけなのかなー

 

・・・と思っていたのですが、最後の方で見事に裏切られました。笑

何を勘違いしたのか舞台凄い広いのですね。

後で書きますが、見事な大階段が最後に現れ、とても驚きました。

失礼いたしましたm(__)m

 

そして、生演奏なのですね!

何も知らずに入ったら、オーケストラピットがあって驚きました。

無知すぎですね。笑

  

ちなみにこの日の役替わりキャストはこの方々。


f:id:kly314:20160923004118j:image

 

 

開演

ついに開演です。

 

今回はエリザベートの大筋を理解しているので、とても見やすかったです。

広い視野で見られるといいますか・・

ミュージカルの際は、新たな役が出る度に「これは誰でどういう立ち位置?」と思ってしまっていたので。笑

 

内容や曲は、当たり前と言えば当たり前ですが、ミュージカルと大差ありませんでした。

ただ雰囲気が違う気がしました。

ミュージカルの方がリアリティある感じ、宝塚はとっても華やかな感じ!

 

 そして男役の方達が、想像以上に男!

観る前はちゃんと入り込めるか不安だったのですが、全然気になりませんでした。

男役娘役関わらず、皆様美しい。

 

トート役の朝夏まなとさんのあの色気、とっても凄まじいですね。

踊りや見た目はもちろんですが、何よりも歌!

私がシシィだったら一発でやられてしまいますね、きっと。笑

 

エリザベート役の実咲凜音さんは可愛い!

と思ったら、色々な環境の変化によって徐々に変わっていくシシィの演じ分けが素晴らしいですね。

本当に数時間で歳をとったかのようでした。

 

エリザベートの中でも、ルキーニが歌う曲が何故か好きな私。

愛月ひかるさんのルキーニ、素敵でした。

トートとはまた違った男臭さというか、品のある男性陣のなかで唯一野生っぽい感じで、とても好きです。

 

フランツ役の真風涼帆さん、かっこいい!

ミュージカルを観たときは、フランツなんてマザコンで嫌!と思っていましたが、彼は彼で可哀想な運命を追っているなぁ、と想いを改めました。笑

そんな奥行き、というか背景が伝わってきたフランツでした。

 

ルドルフ役の蒼羽りくさんもかっこいい!

芯のある感じなのに弱々しくて、自分を支えてくれる人を求める感じが切なくて。

闇が深くて、銃を持ったときの表情が印象的でした。

 

エルマー役の桜木みなとさん、一目惚れしてしまいました。

フランツが出てきてイケメン!となり、ルドルフが出てきてよりイケメン!となり、エルマーが出てきてタイプ!!とならました。笑

かっこよかった~

 

あと記憶に残っているのは、パパ役(マックス公爵)の悠真倫さんもとても上手でした。

マダムヴォルフのコレクションにでてくる、フランツの浮気相手も可愛かったです。

 

ミルクのところみたいに、何人ものキャストさんとで出来上がるシーンがとても素敵でした!

最初のところとかも。

銅像かと思ったら動き出したので、とっても驚きました。笑

 

 

フィナーレ

終わったーカーテンコールなのかなぁと思っていましたが、フィナーレと呼ばれるものが始まるのですね!

すごく素敵。

 

宝塚のラインダンスを観ることができて、とても興奮しました。

本当に一糸乱れぬダンス!

そしてみんな可愛い。

 

あとは色々な役の方がアレンジを加えながら、演目内の曲を歌ってくださり、余韻に浸れました。

大歓迎も見られ、朝夏さんの大きい羽根もすごかった~

THE 宝塚!!という感じ。笑

 

 

最後に

宝塚素敵でした!!

他の舞台やミュージカルとはまた、全然違う世界が広がっていました。

 

ショーと呼ばれるものも観てみたいです。

 

劇団四季「アラジン」の感想

 
電通四季劇場[海]にて行われている、劇団四季の「アラジン」を観に行きました。
 
f:id:kly314:20160717001238j:image
 
劇団四季のディズニーものは、ライオンキングやリトルマーメイドを観たことがありましたが、アラジンは初めて。
以前よりチケットがとりやすくなったので、ようやく観てきました。
 
今回のキャストはこちら。

f:id:kly314:20160827205541j:image
 
上演時間は約2時間45分(休憩含む)だそうです。
 
阿久津陽一郎さんは、バナナスクールに出てた方だ!と思ったら、劇団四季の中でもトップ俳優さんなのですね。
とても面白い方という印象を持っています。笑
厂原時也さんは、前にライオンキングを観に行った際、シンバをやっていた方。
 
劇団四季はかなりの初心者ですので、知った名前の方が2人いらっしゃるだけで、ワクワクがまします。
 
 

開場

昼の公演 & 夏休み中だからか、小さい子がたくさん。
私は幼い頃、落ち着きがなくてじっとできない子だったので、このようなところには連れてきてくれませんでした。笑
羨ましい!
そしてみんなお利口さんで可愛い!
 
何階だか忘れてしまいましたが、魔法のランプが飾ってありました。
写真撮影の列ができてました。
残念ながら私は写真を撮っていませんが、横目に見てきました。 
 
今日の席は2階席!
段差もありますし、席も前の方とずれてることもあり、とっても見やすかったです。
劇団四季の劇場はとこでも見やすくて、ありがたいです。
 
 

開演

とにかく豪華で綺麗!
舞台上がカラフルで鮮やかで艶やかで、見ているだけで心が躍ります。

ダンスもとっても素敵。
 
スパンコールでキラキラなのはもちろんですが、役者さん自体がみんなキラキラ!
観るところがありすぎて、目が何個開ってもたりません。
 
 

第一部

開演の直前、観劇の際の注意の放送を、ジーニーがしてくれます。
徐々にテンションがあがり、ついに暗くなり、音楽が!
まだかな、幕が上がるのはまだかな、と待っているとジーニーの登場です。
そしてアグラバーの世界へ、一気に引き連れていってくれます。
 
「パッと!頂戴しーてー♪サッと!逃げるんだー♪」のところのアラジン、本当に軽やかで、ワクワクします。
女の人が庇ってしまう気持ちがわかります。笑
あと、占い師のおば様のキャラも好き!
 
そして斉藤舞さんのジャスミン、物凄い可愛い。
私は少し気が強い感じの女の子大好きなので、物凄くストライク!笑
「こーこを飛ーびー出ーしーたーい♪」のところでは、本当に切実な気持ちが伝わってきました。
 
アラジンの親友、バブカックとオマールとカシーム、そして市場の人が一緒に踊るところ。
本当に仲間に入りたい!
 
ジャファーとイアーゴは、なんとも憎らしいですが、面白い悪人達でした。
この2人の体格差もなんともいい感じ!笑
 
そしてジーニーの見せ所!
ここがとってもど派手で、きっと観ているときに口が開いてたかもしれません。
マジックショー、ダンスショーなど盛りだくさん。
あんなに歌って踊って動き回って、なのに息を乱さず、本当に俳優さんは凄いです。
 
 

第二部

 アグラバーの市場の方達が、身なりを変えてお城にやってくるところから始まります。
このみんなで踊って歌ってのところ、本当に大好き。
 
そして魔法の絨毯。
アラジンとジャスミンを乗せ、星空を自由に飛び回って、とてもロマンチック。
本当に魔法のよう!
 
 バブカックとオマールとカシームが、アラジンを助けるためにお城に乗り込む「ハーイアドベーンチャー♪」のところは、歌はもちろん、刀のあたる音も揃って凄いかっこいい!!
 
ジーニーがアラジンと約束するところの歌も素敵ですねー!
「ひとりじゃっない♪助っけあーえるー♪」
 
そのあとのアラジンの葛藤も、本当にアラジンが純粋だからこその葛藤で、ジーニーを手放せない気持ちもわかります。
最終的にハッピーエンドで終わって良かったです。
 
「これでーみんなーしあわーせだねー♪めでたしーめでーたーしー♪」
「やっぱりハッピーエンドじゃなきゃ!」
て感じです。笑
 
 

カーテンコール

みなさん、何度も出てきてくださいました。
アラジンとジャスミンだけ最初に出て、後からジーニー、そしてみなさん。
ジーニーだけ出てきて、そして皆さん。
いろいろなパターンがありました。
本当に、いくら拍手してもしたりないくらい、とっても素晴らしい公演でした!!
  
 

最後に

1億2千万のジーニーファンのうちの1人として、絶対また観たいです。笑
今度は1階席かなぁ。
実際、観られるのであればどこの席でもいいですが。
来年の6月までチケット販売してるようです。
 
アラジンは観てて自分も仲間に入りたくなるような、素晴らしいものでした。
観たら絶対アラジンに惚れます。
私もアラジンのこと、なぜだかわからないけど信じちゃいます。
といいつつも、カシームも好きです。
オマールもバブカックも好きです。笑
もちろん、ジーニーも!!
 
そして、私も魔法の絨毯に乗りたいです。
あの仕掛けが知りたく、いろいろ調べたのですが、いまいちわかりません。
やっぱり魔法ですね!
 
様々な曲とともに映像が脳内に流れ、数日たった今でも、1人で思い出しては楽しんでいます。
 
 
この日の上演時間は、休憩・カーテンコール含め、2時間50分程度でした。
 
あっという間!
 

読売日本交響楽団「第190回土曜マチネーシリーズ」の感想

 

東京芸術劇場にて行われた、読売日本交響楽団の「第190回土曜マチネーシリーズ」に行ってきました。


f:id:kly314:20160810191943j:image

 

曲目は以下の通りです。

・ Weber : 歌劇「魔弾の射手」序曲
・ Mozart : クラリネット協奏曲 イ長調 K. 622
Brahms交響曲第1番 ハ短調 作品68

 

今回のお目当ては、Daniel Ottensamer のクラリネット協奏曲!

Karl Leister のクラリネット協奏曲を聞いて以来はまってしまい、色々な奏者さんのクラリネット協奏曲を聞き比べています。

 

Daniel Ottensamer はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の奏者さん。

お父様は同楽団の首席奏者、弟さんはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の奏者さんで、家族3人で「クラリノッツ」としても活動されています。

2016年の2月には来日公演もありました!

来日公演には行けませんでしたので、この日を待ちわびていました!!

 

指揮の Sebastian Weigle は、ドイツを代表する指揮者さんで、読響は8月17日の名曲シリーズからの初登場だそうです。

私も初めてです。

 

クラシックの知識も全然無いので、本当に素人の感想で申し訳ないですが、感想を書かせていただきます。

 

開場

久しぶりな気がする東京芸術劇場


f:id:kly314:20160828024521j:image

 

写真は帰りに撮ったものですが。笑

 

今回は1階のRB席。

斜め少し右上から舞台を観る感じの席なのですが、お気に入りの席です。

 

 

歌劇「魔弾の射手」序曲

 ウェーバーの代表曲といっても過言ではないですね!

オペラでは少しも観たことはありませんが、機会がありましたら、という感じです。笑

 

弦楽器が不穏な感じを出す中、ホルンの穏やかな響きが染みわたります。

 

そしてクラリネットのソロが始まると、徐々に明るい雰囲気に。

このソロの合間の「BーABCBEsーDEsFEsGーFEsDCCーB♪FGAsAB♪」が、頭から離れません。笑

どんどん調が変わって、次はDから始まり、Gから始まっての大きなこのフレーズ。

オペラの始まりに向かってテンションがあがります。

 

といっても序曲だけですので、残念ながらこのテンションがあがりきったとこでの終了です。

 

 

クラリネット協奏曲 イ長調 K. 622 

何回聴いても、本当に素晴らしい曲です。

クラリネットの良さ、私のモーツァルトの好きなところが、敷き詰められた曲です。

 

3つの楽章が全て雰囲気が違うというのに、全てがクラリネットに合います。

当時クラリネットは主流でなかったのに、こんなにクラリネットのいろいろな面を魅せる曲を生み出すモーツァルトは本当に天才!

クラリネットの良さをモーツァルトに届けたシュタードラーにも感謝。

 

全体を通して、クラリネットの広い音域が存分に活かされていますよね。

そしてその音をまったく1つも落とさず、全て綺麗な柔らかい音を出す奏者も凄いです。

速い音階も1音1音響いていて。

 

魔弾の射手でも取り出しましたが、同じフレーズで調を変えたり、少し装飾を加えて、何度もだされるのが好きです。笑

 

第2楽章は、私的にですが、死ぬ間際に聴きたい曲ランキングNo.1です。

心が浄化されます。

曲の透明感、というのかわかりませんが、それがものすごいです。

マイナスイオンが出ている感じ。笑

 

第3楽章は軽やかな始まりで、心が軽くなります。

ですが、進んでいくうちに 雰囲気が変わったと思ったらまた軽やかに、の繰り返し。

この楽章が1番説明しにくいです。笑

 

 

アンコール

クラリネット協奏曲のあとは、ダニエル・オッテンザマーによるソロのアンコール。

 
f:id:kly314:20160828022033j:image

 

即興曲も素敵でした~!!

 

 

交響曲第1番 ハ短調 作品68

のだめカンタービレでも有名な、ティンパニのCの強打から始まるこの曲。

 

大変失礼ながら、休憩時間後だというのに、少し集中力が切れていました(^^;)

クラリネット協奏曲に注ぎすぎました。

 

もちろん演奏は素晴らしかったのですが、いろいろと余計なことを考えてしまって…

とにかくバイオリンのソロが素晴らしかった、という印象が残っています。

 

もっと集中力を持続させなくては、と猛省しています。

 

 

終演後

ロビーにてダニエル・オッテンザマーによるサイン会があったようです。

当日CDを購された方だけかな?

CDは様々な種類販売していました。

 

 

 

休憩・アンコール等含め、2時間程度の上演でした。 

 

 

blast!「the music of Disney」の感想

 
東京国際フォーラムにて行われている、ブラスト!のミュージック・オブ・ディズニーを観に行きました。
 
f:id:kly314:20160717002318j:image
 
初めてブラストです。
そしてディズニー系の公演ということで、とても楽しみにしていました。
ディズニー詳しくはないですが。笑
 
 

開場

今回のお席は、1階席の真ん中付近でした。
 舞台は、無地のキャンバスと、あとはティンパニがチラッと見える状態になっていました。
 
グッズ販売は長蛇の列!
開場してから割と早めに入ったと思ったのですが、かなり並んでいました。
 
 

開幕

はじめにバトンの女性の登場。(うろ覚えですが笑)
初めだけでなく、そのあともかなり出てくるのですが、本当に素晴らしくて、目を奪われます。
バトンに糸ついてるのでは、というくらい。
 服装は全然違うのですが、ティンカーベルみたいな、妖精のような感じでした。
もの凄く速く回しながら高く投げたり、手だけでなくて身体のあらゆる部分で回したり・・
バトンが吸い付いている感じ!
 
そして続いてフルートの男性。
ブラストって金管だけかと思っていたので驚きましたが、とても素敵な音色。
うっとりです。
この方とバトンの方がメインなのかな?
 
そしていろいろな楽器、パフォーマーさん達が登場。
聴いても観ても楽しく、また観たい場所が多すぎて、目がまったくおいつきません。笑
疑問なのですが、無地のキャンバスは一体・・・?
 
曲はディズニーの曲とブラストの曲とで半々くらいでしょうか?
ディズニーの曲も有名なものが多く、あまり知らない私でも割とわかったと思います。
アレンジバリバリに効いてました!
 
やはりブラストの曲の方が、パフォーマンスが派手というか、これがブラストだ!って感じだったと思います。
 
 私は以下の画像のパフォーマンス
f:id:kly314:20160901021336j:image
が観てみたかったので、出てきた瞬間にとても興奮しました。笑
 
ディズニー要素があったのは曲だけで、パフォーマンスにディズニー要素は出てきませんでした。
あえていうなら最後に隠れミッキー (?)が!
 
二幕目は、客席降りがありました。
舞台上のフルートと、二階下手側のフリューゲル(だったかな?)との掛け合い、とても素敵でした。

そしてアンダー・ザ・シーで客席と演者さんたちが一体に!

通路脇の方はハイタッチされてましたよ~
 
最後のサークルオブライフ、素敵だったなぁ。
 
 

休憩

一幕目が終わると、みなさまロビーにダッシュ!
初めてだったので何が起きたのかわからず、トイレ急ぎすぎじゃない!?と思っていました。笑
どうやらロビーで何かがある様子なので行ってみることに。
階段いっぱいに人!
バルコニー?みたいなところにも人!!
運良くなかなかの位置をGETです。
 
f:id:kly314:20160901024931j:image
 
日本人のパーカッションの方を筆頭に、演奏が始まります。
自己紹介をはさみつつ、10分間くらい、ロビーでパフォーマンスをしてくださいました。
お客さんも途中一人混じっていましたよ~
写真もビデオ録画もOKでしたので、私も録画しちゃいました。
 
 

終演

終演後もみなさまロビーにダッシュ!
物販の隣辺りで、お見送りの演奏をしてくださいました。
 
そしてそのあとは、日本人キャストの握手&撮影会のようなことが!
10分以上多分粘りましたが、物凄い混雑でなかなか前にはいけないので、諦めて帰りました。笑

f:id:kly314:20160901022850j:image

f:id:kly314:20160901022913j:image
 
f:id:kly314:20160901022940j:image
 
 
少し前のことなので、内容薄いです。笑
 
 
 
 
 
 
 
---------
かなりどうでも良いことですが・・
 
私実はこの日、おそらくホワイトニングのせいで、少し歯がしみる感じのある日で、100%楽しめませんでした。
ペットのハイトーンが、歯に響くのです。笑
ああー!かっこいいけどやめて今はー!!しみるー!!!という感じで(^^;)
ハイトーンいっぱいありましたし。
20%くらいしか楽しめなくて、本当にもったいないことしたと思います。
 
友人は金管楽器をやっていたこともあり、とても楽しんでいました!
ディズニーも詳しいですし。
 
私は木管が好き&マーチングに良い思い出がない(運動神経なくて。笑)ので、やはりクラシック派かなぁ。
あとは勘が悪いので、これは何だろうが多くて。(主にキャンバス)
フルートの人とバトンの人は案内役みたいな感じだったのかな。
意味を考えず楽しめば良いのかな。
本当に私は勘が悪い!!笑
 
今度はディズニーではないブラストの公演も観てみたいです。
そっちの方があまり考えずに楽しめそう!
 
今回の公演は、初めてのブラストでブラストを楽しみたい方にはあまり向いていないかな?という感じでした。(ブラスト素人の個人的見解です。)
でも充分楽しかったですよ!!