みたものの記録

生で何かを観たり聴いたりすることが好きです。劇団四季、ミュージカル、宝塚歌劇団、歌舞伎、オペラ、舞台、お笑いライブ、コンサート、スポーツ観戦などの感想を、書いたり書かなかったり。3回に1回は書いているかも。

「レディエント・バーミン」の感想

 
先日、シアタートラムにて公演されているRadiant Vermin(レディエント・バーミン)を観に行きました。
 
f:id:kly314:20160716235018j:image
 
普通の席は即完売で、ぎりぎりとれたトラムシート。
私はU24会員(ギリギリ)ということもあり、¥3,000という破格の安さで手に入れることができました。
ありがたいです。
手放すのが惜しい。
 
チケットを引き取ると、開場までまだ時間があったので、パンフレット(¥1,200)を購入。
見ようかと思いましたが、やめておきました。
というわけで、前情報は俳優さんと演出家さんとタイトルとブラックコメディだということしか知らない状態で見ることにしました。
もう一冊パンフレット(¥1,000)がありましたが、なんだったんだろう。
 
 
 

開場

30分前ぴったしに開場。
 
中に入ると、舞台には白い壁、上手側にテーブルとイス2つ、下手側に1人用ソファが1つ。
シンプルなセット!
 
トラムシートは、意外と普通に腰掛けられました。
舞台もそんなに遠くなくて、最近コンタクトが不調な私ですら、舞台上の表情も見られます。
 
開演数分前になると、演出家の白井晃さんが出入口近辺にいらして、とりあえず会釈。笑
そして最後列の席に座られていました。
毎公演客席から見られているのでしょうか?
 
 
 

開演

そろそろかなぁ、と思いながら待っていると、まだ客席がざわざわした中に吉高さんと高橋さんが。
 
高橋さんが私の前を通ったというのに、お客さんかと思い、全然気にとめていませんでした。
吉高さんにいたっては、わぁー赤ちゃん連れのお客さんだ!なんて思っていました。
セリフを発するまでお2人だと気づきませんでした。
だって舞台の上手と下手から登場すると思うじゃないですか、普通。笑
 
そのくらいお芝居はさっと始まります。
 
お客さんも劇の演出の一部かのような舞台。
簡単に言うと、オリー(高橋一生さん)とジル(吉高由里子さん)夫婦が、今日集まった人(お客さん)に、素敵な家を手に入れるまでに、ここ最近あった出来事の回想を見せてくれます。
 
2人で回想を演じるので、オリーとジルが他のいろいろな人物(隣人など)を演じるシーンがあり、そのシーンがもう圧巻!
スピーディーに声色や雰囲気をくるくると変えていきます。
演劇って凄い!!
 
キムラ緑子さんの登場も、さっとです。
こちらも私は少し遅れたお客さんだと思い、ああ、そういえば初めにオリーが空いた客席に座ってたな、そこの席の人か、と思っていました。笑
にしても優雅に歩くマダムだなー、と思っていたらミス・ディー。
緑子さんはそのあと、ホームレスの役も演じられます。
 
ブラックコメディとはどんなものか、と思っいたのですが、なるほどですね。
コメディといえばコメディですが、ところどころ心が痛んだり、考えさせられます。
 私、今笑っているけど、あれ、これで笑うって結構ひどい人間だな、みたいな感じ。
私の黒い部分が引きずり出されたような・・
 
 
 

考えたこと

レディエント・バーミンの意味が光るゴミ(光る害虫)とのことですが、このタイトルもまた皮肉に思えますよね。
ゴミかぁ。
 
パンフレットは、光に蛾(害虫?)が集まるようなデザインなのですが、ホームレスが蛾なのか、オリー・ジル夫婦が蛾なのか、ということなのですかね。
私はミス・ディーの立ち位置がまだ完全に理解しきれてないかなぁ。
 
人の欲望って限りがないから、止められないですよねー。
U2のVertigo(劇中に出てくる曲)にも「Can't rule your heart. A feeling so much. Stronger than a thought.」とありますもんね。笑
 
私にも光が見つかったら、光に集まって照らさせれて光る害虫になるんだろうなぁ。
そして私が普通にこうやって暮らすために、誰かが犠牲になっているんだろうなぁ。
ちゃんと自覚もたないと。
 
 
 

おまけ

私の席は出入口近辺でしたので、何回も目の前や横を俳優さんが通られ、本当に驚きました。
舞台と客席じゃなくて、会場内すべてが舞台。
 
そして有名人の方が何人かいらしていたので、帰る姿を拝めたのもラッキーでした。
観劇するようになって、こういうこと増えたなぁ。
もちろん、害虫にならないために、ただただ眺めるだけですませました!笑
 
終演後にネットでいろいろ調べたら、レディエントバーミンのビジュアル写真?が出てきたのですが、高橋さん髪のびて雰囲気変わってますよね~
 
ジルが座ってるオリーに後ろから抱きついて、オリーが左手でジルの腕?手?を握り、右手で頭をポンポンするところに萌えました。笑
説明が難しいなあ。
 
今度シアタートラムにくるのは、キネマと恋人のときかなぁ。
チケットがとれればですが。
 
 
 

最後に

レディエント・バーミンは、見た直後はああ楽しかった!となるけれど、思い返すといろいろと考えさせられる作品でした。
うーん、深い!難しい!!面白かった!!!
 
 
 

東宝ミュージカル「エリザベート」の感想

 
先日、帝国劇場で公演されている ミュージカル「エリザベート」 を観に行きました。
 
f:id:kly314:20160716212828j:image
 
東宝ミュージカル自体が多分初めてです。
今回は友人と一緒に行ったのですが、その友人も初めてとのことです。
 
思い返せば数ヶ月前のチケット販売日。
前情報で、初見なら花總まりさんの日が良いと聞き、私的にはミュージカル俳優として有名な、井上芳雄さんと山崎育三郎さんの日に興味がありました。
ですが、そんな余裕ありません。笑
どこもサイトの混雑で繋がりすらせず、ミュージカル人気ってすごいなぁ、と思いました。
セブンチケットが取りやすいのでお勧め。
 
そんな今回の配役はこちらです。
 
f:id:kly314:20160723213149j:image
 
 
 

開場

1階ロビーにはポスター(?)がたくさんありました。
 
f:id:kly314:20160723213405j:image
 
売店でおそらく出演者の方のCDや、エリザベートのグッズなんかも売っていました。
 
席は2階の端席だったのですが、充分楽しむことができました。
舞台上で見切れたところは無かったと思います。
なんならオーケストラピットも、指揮者も少し覗き見することができました。
 
ちなみに途中からの観劇はできなさそうでしたので、遅刻厳禁です。
開演前、スタッフさんが注意喚起されていました。
 
 
 

開演

本当に素晴らしくて、素晴らしくて、、
順番(かどうかはわかりませんが)に書いていきたいと思います。
 
 
 

第一部

まずエリザベートトートが出会い、トートがエリザベートへの愛を語るところ。
とっても素敵でした。
あんなこと言われたら惚れちゃうわー、トートすっごいかっこいいわー、と幼稚なことを友達と話しました。笑
 
パパとエリザベートのやりとりのところも、エリザベート凄く可愛かったです。
 
一部はフランツとトートとエリザベートの三角関係状態の絵で幕となりました。
トートかっこいい。
 
第一部が終わってまず友達と話したのは、いつの時代も度のすぎたマザコンとの結婚はだめ、ということ。笑
 
なんでエリザベートはフランツと結婚したんだか!
まぁ王に惚れられたら逃れられないでしょうが、愛し合って結婚してましたものね。
全然フランツの良さがわからない!!という感じでした。
 
「そーのーひーとーみがー♪ むーねーをーこーがしー♪」という曲と、「さいごっのー♪ だんすっわー♪」という曲がお気に入り。
サントラ的なのあるのでしょうか?
 
 
 

第二部

二部は継母にいじめられるエリザベートから始まります。
本当に可哀想で、いったいどういう育ちをしたらあんな継母になるんだか。
フランツに相談しても役に立たないし、親子そろって最悪だなー、マザコンやだわー、という感じ。
 
ただ、だんだんエリザベートもおかしくなってきて。
パパにあこがれる無邪気な少女だったのに、その美貌を良いことにいろいろやって。
ハンガリー国旗色のドレス姿、可愛かったな。
 
世界史にかなり疎いので、エリザベートのすることが世界にどう影響させてるのかがよくわからないんですよね、わたし。
でも世界は良くない方向にいってましたね~。
 
あと牛乳風呂って肌に良いのでしょうかね?
なんか臭くなりそうで、私だったら絶対入りたくないと思うのですが・・笑
 
あとルドルフくん!
すっごく可哀想ですよね、今回のミュージカルの中での一番の被害者ですよ。
 
ルドルフとトートが一緒に歌うところが、すっごくかっこよかったです。
「やみがーひーろーがーるー♪」という曲が一番のお気に入り。
そしてルドルフくん自殺。
死んでから息子の大切さに気づいたって遅いんだからね!と、エリザベートに怒る私。
トートにも拒絶されるエリザベート
 
フランツもフランツで、マザコンなら最後までマザコン突き通せばいいものの、結局ゾフィーに冷たくあたるし。
ゾフィーも可哀想に見えてしまいます。
 
エリザベートとフランツが再び出会い、2人のすれ違いを歌ったところ、切ないですね。
結局フランツも可哀想。
 
そして結局、偉そうな奴を殺したかったというルキーニにすれ違いざまに殺され、エリザベートトートと結ばれます。
 
 
 

疑問点

トートが最初、エリザベートの命を奪わなかったのはなぜか。
これは、生きたエリザベートに自分のことを愛し、死を選択させたかったからなのでしょうか。
 
「最後のダンス」とはいったいなんなのか。
 
フランツはあれは浮気して、性病がうつって、エリザベートにもそれがうつったということですよね?
その浮気ってトートが仕組んだのでしょうか。
 
エリザベートが精神病院に行くのはなぜなのか。
心が拘束されていない、自分とは反対の人たちをみるため?
 
結局エリザベートは暗殺されたのだから、トートと結ばれたとはいえないのでは?
 
 
 

最後に

いろいろと謎が残りましたが、だからこそあと何回も見たいなあ、と思いました。
演じる人違うverもみたいし。
 
あとは世界史詳しければ良かったという後悔。
少しずつ暇なときに、あそこらへんのことを調べてみたいと思いました。
 
わかりやすくて単純なハッピーエンド好きな私でしたが、このようなミュージカルも良いと思いました。
とりあえずトートがかっこいい。
 
次は宝塚ver.のエリザベート
人生初宝塚なので、今からとても楽しみです。
 
 
 

シルク・ドゥ・ソレイユ「トーテム」の感想


先日、お台場ビックトップにてTOTEM(トーテム)を観てきました。

f:id:kly314:20160716184148j:image

といっても東京公演も終わりに差し掛かった頃でしたので、だいぶ前の話です。

私にとっては初めての Cirque du Soleil の公演。
せっかくですので、遡って鑑賞した感想を書き留めておきたいと思います。



平日昼間の独り鑑賞

私が観に行ったのは、平日の昼間の公演でした。

f:id:kly314:20160716184102j:image

歌舞伎はいつもあ1人で観に行っていることもあり、1人鑑賞なんて怖いものなし。
と思っていました。

ですが、いざ行ってみるとカップルの多いこと!!笑
平日の昼間だからなのか、大学生くらいの若い方が多かったです。
さらには、この日は中学生(高校生?)の団体も。

そういうこともあり、1人のお客さんは少なかったような気がします。



開場

テントの中に入ると、DAIHATSU の 車がありました。

f:id:kly314:20160716185136j:image

ここでは TOTEM のグッズや、公演中に飲食できるものが販売されていました。
私も飲み物とチュリトス、お土産を購入。

フォトブースもありましたが、私は1人なのでスルーです。
トーテムカメラといって、トーテムのキャラクターになりきれるそうです。

そしてその日の演目を書いたボードを発見。

f:id:kly314:20160716185733j:image

予習をしてこなかった私は、演目名だけ見てもなんのことやら、という感じ。
ですが気持ちは高まってきます!!



開演!の前に・・

キャストの方数人が、開演何分か前に客席にきてくださり、絡んできてくれます。
通路脇の席だとお得かも。
私は通路の後ろ(10列目かな?)だったので、近くにキャストの方を感じることができました。

そしてなんとこの日、ニッチェのお2人も何かの番組の撮影でいらっしゃっていました。
びっくり。
A席両脇にいる学生に手を振ったりと、サービスされていました。



いざ開演!

ついに始まりました。

1番最初は、亀の甲羅の形に鉄棒を張りめぐらせたところを、カエルがくるくる回ったりします。
TOTEM のメインになっているキャラクターです。

そこからどんどん色々な演目に入っていきます。
フープを何個も持って自由自在に操る人、宙につられながら力を見せつけて美女の取り合いをする人、一輪車にのりながら脚でお皿を交わしあう人、物凄い身体の柔らかい人などなど。

なにがすごいって、目に入るもの全てが凄いです。
パフォーマンスの完成度の素晴らしさはもちろん、言葉を使わずに身体と表情で観客に訴える感じに魅了されます。

それを引き立てる映像技術や舞台の装置もまた、すごいです。



終演

終演後は予定があったのと、電車が混むと面倒なのとで、駅に直行。
予想に反して電車は一切混まず、そっか、カップルはこのあと帰らずお台場デートか、と思いながら帰って行きました。笑

f:id:kly314:20160716195213j:image

帰りのゆりかもめでは、最後列の特等席に座りながら帰って行きました。

f:id:kly314:20160716195114j:image



残念だったこと

唯一残念だったのが、一部が始まってまだまだこれからのとき、舞台装置の故障が起きてしまったこと。
20分は公演が止まってしまったかな?

そのこともあり、おそらくハンド・バランシングは中止となってしまいました。
残念。
しようがないことではありますが、私はリピーターではないので、ただただ観れないのがショックでした。

ただ、キャストさんの安全が第一ですからね!


あとは会場内で写真撮影していた観客がいたこと。
撮っていたのはステージではなくニッチェのお2人のことでしたが、会場内撮影禁止と書いてあるのに・・。



まとめ

初めての Cirque du Soleil の公演は素晴らしかった!!
勘九郎さんがサポーターをしていることもあって観に行ったのですが、純粋に楽しめました。

来年も是非行きたいです。
そしてそのときは誰かを誘って観に行き、感動を共有したいと思いました。笑